格安SIM|通話かけ放題プランを追加して比較

sim

 

スマートフォンを利用するとき、一番悩むのは利用料金!一番安いSIMはどれなのか、通話時間で毎月の使用料が大きく変わり、比較も難しいのが現状です。本サイトでは、信頼できる主要メーカーのSIMを比較しましたので、格安SIM契約時の参考にしてください。

本サイトは、アフィリエイトプログラムが含まれています。

格安SIMの基本知識と選び方

格安SIM(Low Cost SIM)は、通信事業者が提供する通信サービスで、一般的な大手キャリアよりも月額料金が安価である特徴があります。主にMVNO(仮想移動体通信事業者)として知られる企業がこれらのサービスを提供しています。

格安SIMとは?メリットとデメリット

格安SIMのメリット

  1. 低料金: 大手キャリアに比べて通常安価な月額プランが用意されています。
  2. シンプルなプラン: 不必要な追加サービスがなく、必要な通信サービスに焦点を当てています。
  3. 柔軟性: ユーザーは、自分の使用パターンに最適なプランを選択できます。
  4. 簡単な契約: オンラインでの契約が主流であり、手続きが簡便です。

格安SIMのデメリット

  1. カバレッジの限定性: 大手キャリアに比べて地域的なカバレッジが限定されることがあります。
  2. 優先度の低さ: 大手キャリアの顧客よりも優先度が低い場合があり、混雑時に速度が低下することがあります。
  3. サポートの質: 大手キャリアに比べてカスタマーサポートの質が異なる場合があります。

格安SIMを選ぶ際のポイント

  1. 通信エリアの確認: 主に使用する場所でのカバレッジを確認しましょう。
  2. 通信速度: 自分の使用目的に合った通信速度を提供しているかどうかを確認します。
  3. 容量とプランの比較: データ通信量や通話時間、SMSの制限など、自分の使用パターンに最適なプランを選びます。
  4. 契約の柔軟性: 解約料や期間縛りなど、契約条件を注意深く確認しましょう。

格安SIMは、通信費を抑えたい方や、余分なサービスを求めない方にとって、コストパフォーマンスの高い選択肢となります。使用環境や個々のニーズに応じて、最適なプランを選ぶことが重要です。

 

スマートフォンに合わせたSIM選びのポイント

スマートフォンを選ぶ際には、その機種に最適なSIMカードを選ぶことが重要です。特に、iPhoneとAndroidスマートフォンではそれぞれの特性や通信仕様が異なるため、SIM選びにも注意が必要です。

iPhoneとAndroidではSIMの選び方が異なる?

iPhoneの場合

  • SIMのサイズ: iPhoneの世代によってSIMカードのサイズが異なることがあります。最新のiPhoneは通常、nano SIMカードを使用しますが、古いモデルではmicro SIMカードが必要な場合もあります。
  • eSIM対応: 最近のiPhoneモデルではeSIM(電子SIM)に対応しているものもあります。eSIMを活用することで、物理SIMカードの挿入が不要になる場合があります。

Androidの場合

  • SIMのサポートバンド: Androidスマートフォンは多様なモデルがあり、各モデルごとにサポートする通信バンド(周波数帯)が異なることがあります。使用する地域の通信バンドとの互換性を確認しましょう。
  • デュアルSIM機能: 一部のAndroidスマートフォンはデュアルSIM(二つのSIMカードを同時に利用可能)に対応しています。この場合、通信サービスプロバイダと契約する前に、スマートフォンの技術仕様を詳細に調べることが重要です。

SIMカードと端末の相性に注意するポイント

  • 互換性の確認: スマートフォンとSIMカードの互換性を確認しましょう。特に、古いスマートフォンや特殊な技術仕様を持つ機種では、一部のSIMカードが正常に動作しない場合があります。
  • 最適な通信速度: 自分の使用するアプリやインターネット活動に最適な通信速度を提供するSIMプランを選びます。例えば、動画ストリーミングや大容量のデータダウンロードを行う場合、高速通信が必要です。

自分に合ったスマートフォンSIMの選び方

  • 使用頻度と通信料金: 自分の通話・データ通信の使用頻度を考慮して、適切なプランを選択しましょう。通話よりもデータ通信に力を入れたい場合や、逆の場合に合わせて選びます。

スマートフォンとSIMカードの相性を理解し、それぞれの特性に合わせて最適な選択をすることで、スムーズな通信体験を実現できます。

 

通信速度や容量の選び方

通信速度とデータ容量は、スマートフォンを利用する際に重要な要素です。適切なプランを選ぶことで、快適な通信体験を確保できます。

通信速度の基準

通信速度は、インターネットの利用やデータの送受信において重要な役割を果たします。一般的な速度の目安として以下を考慮しましょう:

  • LTE/4G: 現在の主流となっている通信規格で、理論上の最大速度は数十Mbpsから数百Mbpsです。一般的なWeb閲覧や動画視聴には十分な速度です。
  • 5G: 高速な通信を提供する次世代通信規格で、理論上の最大速度は数Gbpsに達します。主に大容量のデータ転送や低遅延通信に向いています。

通信速度は、使用するアプリやサービスに応じて選びます。例えば、動画ストリーミングやオンラインゲームを頻繁に行う場合は高速な通信速度が求められます。

データ容量の選び方

データ容量は、通信プランに含まれるデータ使用量の制限を指します。自分の通信パターンに合った容量を選ぶことで、通信料金を節約できます。

  • 1GB未満: メールの送受信や軽量のWeb閲覧に適していますが、動画や大容量データのダウンロードは制限されます。
  • 1GB – 5GB: 一般的なWeb閲覧やSNS利用には十分ですが、動画視聴やファイルのアップロードには制限を感じることがあります。
  • 5GB – 10GB: 動画のストリーミングや大容量データの送受信に適していますが、頻繁に使用する場合は容量を管理する必要があります。
  • 10GB以上: 頻繁に動画ストリーミングや大容量のデータ転送を行う場合や、複数のデバイスを同時に使用する場合に適しています。

自分の通信パターンや予算に応じて、最適な通信速度とデータ容量を選びましょう。通信速度が速ければ快適に使用できますが、データ容量が少なすぎると余分な料金が発生する可能性がありますので、慎重にプランを比較し、自分に最適なものを選ぶようにしましょう。

 

人気の格安SIMキャリアを徹底比較

 

格安SIMのデータ通信専用おすすめプラン

データ通信量を重視する方には、格安SIMのデータ通信専用プランがおすすめです。以下に、いくつかのプロバイダーとそのプランをご紹介します。

  1. LinksMate:

    • 100MBプランは165円から利用できます。1GBプランは385円から。
    • カウントフリーオプションで対象アプリやゲームの通信量が90%以上オフになります1.
  2. HISモバイル:

    • ピタップランは100MBから198円。1GBプランは440円から。
    • データ定額440プランもあります。
  3. イオンモバイル:

    • 1GBプランは528円から。1GB以上のプランもあります。
    • イオンモバイルの通話かけ放題

       

      フルかけ放題:

      • 月額1,650円で通話をかけ放題で利用できます。
      • 通話時間は1回あたり最長120分まで制限なし。
      • イオンでんわアプリを通して利用します。
      • 通話開始から連続120分経過後は再度かけ直すことで無料で通話できます。

    10分かけ放題:

        • 月額935円で、はじめの10分は無料。
        • 10分超過後は30秒ごとに税込11円の通話料金が発生します。

  5分かけ放題:

        • 月額550円で、はじめの5分は無料。
        • 5分超過後は30秒ごとに税込11円の通話料金が発生します。
  1. NUROモバイル:

    • 0.2GBプランは330円から。3GBプランは792円から。
    • 5分かけ放題: 用件のみの短い電話を頻繁にかける場合に適しています。一回の電話が時間を超過しても、全国一律11円/30秒でご利用できます。
    • 10分かけ放題: 電話はよくかけるけれど、長電話はしない場合におすすめです。同様に、一回の電話が時間を超過しても、全国一律11円/30秒でご利用いただけます。
    • かけ放題: 長めの電話をよくかけたり、時間を気にせず通話したい場合に最適です。何度でも繰り返し電話できます。価格の秘密は「オートプレフィックス」で、アプリも手間も不要です。
  2. DTI SIM:

    • 1GBプランは660円から。1GBの料金は1,320円です。
    • DTI SIMは、音声プランに「でんわかけ放題」オプションがあります。このオプションを追加すると、1回の通話が5分以内であれば無制限で利用できます。通話料は月額780円(税別)です1。また、DTI SIMの音声プランはすべて10分かけ放題で、専用通話アプリは不要。どちらもシンプルでわかりやすい!

  3. LIBMO:

    • 無制限プランは通信速度200kbpsで528円から。3GBプランは980円から。
    • 5分かけ放題: 国内通話が1回あたり5分までなら何回でもかけ放題です。回数制限なしで、5分を超えても30秒あたり11円(税込)で通話できます。
    • 10分かけ放題: 国内通話が1回あたり10分までなら何回でもかけ放題です。回数制限なしで、10分を超えても30秒あたり11円(税込)で通話できます。
    • かけ放題マックス: 時間制限や回数制限なしで、国内通話が何時間でも定額で利用できます。ただし、連続120分で自動切断されるので、通話を継続する場合は再度かけ直してください。
  4. IIJmio:

    • 2GBプランは740円から。2GBの料金は850円です。
    • 通話定額5分+: 1回の通話が5分以内なら何度でも無料で通話できます。
    • 通話定額10分+: 1回の通話が10分以内なら何度でも無料で通話できます。
    • かけ放題+: 無制限で国内通話が無料です。
  5. mineo(マイネオ):

    • 1GBプランは880円から。1GBの料金は1,298円です。
    • 10分かけ放題: 10分以内の国内通話が何度でも無料で利用できます。10分を超える通話でも、通常の通話料30秒22円より半額以上おトクな30秒10円で利用できます。月額料金は550円です。
    • 時間無制限かけ放題: 時間の制限なく、何回でも国内通話がかけ放題です。月額料金は1,210円です。
    • どちらのプランも専用アプリを使用せず、通常の電話アプリから発信できます。

      1.  
  6. 楽天モバイル:

    • 3GBまでのプランは1,078円から。独自回線エリアは3,278円で無制限。
    • 15分(標準)通話かけ放題というオプションが提供されています。このオプションでは、OS標準の通話アプリを使って1回15分以内の国内通話が何度でも無料でかけられます。

      さらに、国内SMSの送受信も使い放題です。
      月額料金は1,100円で、初回申し込み時には1カ月無料です。ただし、一部の番号や利用上の注意事項があるので、詳細は公式サイトでご確認ください。

 

 

通話派向けにオススメのプラン

通話を頻繁に使用するユーザーにとって、適切な通話プランを選ぶことが重要です。以下は通話派向けにおすすめのプランの特徴です。

  • 無制限通話プラン: 日常的に多くの通話を行う場合は、無制限通話が含まれるプランが便利です。これにより、通話時間の制限なく、安定して通話を楽しむことができます。

  • 国内通話フリープラン: 特定の時間帯や特定の相手への通話が無料となるプランがあります。これは特に家族や友人との長時間通話を頻繁に行う場合に経済的です。

  • 国際通話オプション: 海外との通話が多い場合は、国際通話が含まれるプランを選ぶと通話料金を節約できます。一部のプランでは特定の国への通話が特別価格で提供されることもあります。

通話派向けには、これらのプランを比較検討し、自分の通話パターンに最も合ったものを選ぶことが重要です。通話量や時間帯、相手との関係性に応じて、最適な通話プランを見つけてください。

 

 

データ通信量を重視する人必見!選ぶべきプラン

データ通信量を重視する方にとって、最適なプランを選ぶ際のポイントを以下にまとめました。

  • 大容量データプラン: 頻繁に動画をストリーミングしたり、大容量のファイルをダウンロードしたりする場合は、大容量データプランが適しています。通常、10GB以上のデータ容量を含むプランがこのカテゴリーに該当します。

  • 無制限データプラン: データ使用量が予測できない場合や、常に大量のデータを扱う必要がある場合には、無制限データプランが最適です。これにより、制限なくインターネットを利用できますが、速度制限がある場合もあるので注意が必要です。

  • 追加データオプションの利用: データ通信量が一定しきい値を超えた場合に自動的に追加データを提供するオプションを利用することも選択肢の一つです。必要な時に追加データを手軽に購入できるため、予期せぬデータ使用の増加にも対応できます。

データ通信量を重視する方は、自分の通信パターンや使用目的に合ったプランを選ぶことが重要です。また、各キャリアの提供するサービスや条件をよく比較し、最適なプランを見つけてください。